植物 > 草花 > ヒメオドリコソウ > 里山のヒメオドリコソウ

里山のヒメオドリコソウ

 ドライブ中に満開の桜を見つけて車を停めて、少し歩くと足元にヒメオドリコソウ。

 腰をかがめて撮りました。

他の植物と一緒にざわざわと生えているときが多いです

 名前は優雅なヒメオドリコソウですが、ふつうのひとから見ると雑草ですよね。

 ちょっと近づいてみます。

 花の形がホトケノザによく似ています。どちらも同じシソ科オドリコソウ属です。そういえば葉っぱはシソの葉に似ていますよね。

 ホトケノザはすっきりとスリムな体型ですが、ヒメオドリコソウはふっくらしています。ムックとかダーウィンがきたのヒゲじいとか、モリゾーとキッコロみたいな。どちらか見分けるときはこのことを思い出してください。(笑)

 ヒメオドリコソウは春先によく見られます。オオイヌノフグリの開花とも重なるので、ここでは一緒に咲いていました。

オオイヌノフグリとヒメオドリコソウ

 他の花と一緒によく見るヒメオドリコソウですが、近似種のホトケノザと一緒に見ることはあまりないのです。場所によるのでしょうか。

 公園のような整地されきっているところより、ちょっと荒れた畦道などで見かけることが多いです。

 そんなところへいったら、ちっさなモリゾーとキッコロ、探してみてください。

ヒメオドリコソウ
この写真や動画を撮って記事を書いたひと
GENZO

 身近な自然と子供達の笑顔が好きな写真家です。あるがままの自然任せなので撮れたり撮れなかったりします。撮れた写真は図鑑に載ったりします。小学校の理科の教科書の写真を撮り下ろしてたりもします。このサイトの管理人でありSmileMissionPhotoWorks主催です。ぴんとくることがあったら気軽にご連絡ください。

GENZOをフォローする
里山サイエンスフォト